ザクロってどんな果物?

ザクロってどんな果物?

 

ザクロはイランやトルコでは昔から果樹として栽培されてきた果物です。また、中国でも、紀元前200年頃の漢王朝のころから「安石榴」という名前で漢方薬として利用されてきた歴史があります。
秋に実る果実の中にある赤く透明な小さな粒が食用部分になります。

 

ザクロってどんな果物?

 

ザクロの栄養成分は?

 

ザクロの栄養分は、100gあたり

 

 

 

カロリー 83kcal
ビタミンB1 0.07mg
ビタミンB2 0.05mg
ビタミンC 10mg
マグネシウム10mg
リン    12mg
カリウム  205mg

 

となっています。

 

ザクロの果汁に含まれる栄養素で注目されるのはビタミンCになります。ビタミンCは抗酸化力が強く、活性酸素から肌を守り、コラーゲンの生成を促進する働きがあります。
肌の老化を防止し、弾力やハリを与える効果を持ちます。また、メラニンの生成を抑えますので、シミの予防にも効果があります。

 

また、果物の中でもカリウムの含有量が多いので、ザクロの果汁を摂取することによって、体内の余分な水分を排出し、むくみの改善に役立ちます。
また、アントシアニンやタンニンなどのポリフェノール類には、抗酸化作用がありますので、生活習慣病の予防にも役立ちます。

 

 

ザクロの実の食べごろは?

 

ザクロの実は、8月下旬から市場に出回り始め、11月末まで見かけます。国産、海外産にかかわらず、9~11月初旬に出回っているものは、甘みが強く、程よい酸味があるとされています。
旬の時期に手に入れたものは、果汁や果肉をジュースやシロップにして楽しむことができます。

 

ザクロは実の中に入っている粒を食べてや楽しみます。食べ方は、ヘタを切り取ったところに、十字に切り込みを入れ、あとは手で実をさいて粒を取り出すだけです。水を張ったボウルの中だとさらに粒が取り出しやすくなります。サラダに加えたり、ジュースにしたりして味わうことができます

 

ザクロの保存方法としては、ザクロは、皮をむかなければ、室温でも数週間は日持ちします。
粒の状態であれば、密閉容器に入れて冷蔵すれば2〜3日、冷凍なら2〜3ヶ月は保存することができます。

 

ザクロってどんな果物?

 

ザクロってどんな果物?まとめ

 

ザクロについて調べていきました。赤い実がたくさん中に詰まっているザクロは見かけもすごく不思議な果物です。
ビタミンCが豊富ですので、肌にもよいです。赤い粒を絞って、ザクロジュースなどにしていただくとおいしいです。そのまま食べるのも新鮮でよいです。
庭の木にザクロの木があったりすることも多く、身近な果物という印象があります。ザクロは美容に気を付ける女性にとってはうれしい成分が含まれています。

 

ザクロってどんな果物?
トップページへ